結婚式の時のドレスや髪型

女性というのは、一般的に言って男性よりもお金が掛かってしまうことが多いと思います。自分自身の結婚式の時には、新郎はタキシードや靴にそれほど料金がかからないのに対して、花嫁さんの場合はウェディングドレスがレンタルの場合でも何十万円もすることが多く、そのほかブライダルティアラやピアスやネックレスなどのブライダルアクセサリーなどにも結構高額が掛かりますし、髪型もウェディングドレスだったり、着物に合わせてアップにしたり、ハーフアップやダウンスタイルだったり、巻いてもらったり、服装やなりたいイメージの雰囲気に合わせて、ヘアアレンジをしてもらわなければなりません。自分自身の結婚式はもちろんのこと、友人や知人の結婚式に参列をさせてもらう場合にも同じことが言えます。男性なら、たいてい最近ではスーツで参列することが多いので、同じスーツでもネクタイの色味や柄を変えれば全く違うイメージになりますが、女性の場合はドレスの色やデザインを変えなければ、いつも同じものを着て参加している印象を他人に与えてしまうので、結婚ラッシュの時には何枚か買わなければなりませんし、髪型も美容室に行ってセットをしてもらわなければなりません。

ウェディングドレスを着たときの髪型について

結婚式でウェディングドレスを着るときの髪型については、よくバランスを考えましょう。自分に似合う、小顔に見える、おしゃれな髪型にしたいと思うのはもちろんですが、衣装とのバランスを考えるのも大切です。胸元と肩がすっきりとあいている流行の白いウェディングドレスなら、すっきりと髪をアップでまとめると、清楚で美しい印象になります。もちろん、上半身がすっきりしている分、あえて髪をおろしてゴージャスな巻き髪にするのもおしゃれですが、どちらかというとお色直しやイメージチェンジ後のスタイル向きです。挙式と披露宴の前半は、すっきりと髪をまとめ、正統派の花嫁のスタイルにする人がほとんどでしょう。そしてお色直しやイメージチェンジ後は、それと対照的に、髪をおろしてゴージャスにしたり、ハーフアップにしておろした髪は巻き髪にしたり、片側に寄せてまとめて巻き髪にしたりなど、メリハリをつけると、変わったという感じがすごくして、ゲストも喜びます。どのようなスタイルにするかは選んだドレスに合わせて考えます。結婚式の前にヘアメイクリハーサルをして、当日の髪型についてよく考え、いくつかのヘアスタイルを試してみる機会を設けることをおすすめします。

Blog Home