ドレスを着た時の髪型について説明します

結婚式で花嫁が重要視するドレスですが、せっかく綺麗な衣装を着たのに身に着けている小物や髪型が上手くいかないとがっかりしてしまいます。最近の結婚式では衣装とヘアメイクの打合せを事前に行っている会場が多いので希望の髪形があればスタイリストの方に相談をして決めていくことができます。リハーサルや前撮時に本番と同じヘアスタイルにしてもらうことで事前に髪型をチェックすることが出来るのです。ウェディングドレスのときはベールによりますがアップにする方が多いです。マリアベールの場合は特にベールの見た目が重要ですのでアップをおすすめします。カラーの場合ですとドレスのカラーや衣装の種類によってヘアスタイルは変わっていきます。またヘア小物も付いている場合もあるので小物をつけることで髪型も変わっていきます。最近人気は三つ編みの編みこみでまるでカチューシャをしているような感じみ見えるヘアスタイルです。そこに花を飾ってみたりするとより印象が強くなります。また花で出来た冠は大変人気で生花だけでなく、プリザーブドフラワーを使ったものもあります。教会ではアップしていたヘアスタイルを披露宴ではほどき下ろした髪に花冠をつけるというシンプルなものですがとても印象深いものです。今では参考になるカタログなども販売しているので悩んでいる方にはおすすめです。

ドレスのときの髪型とは

大人になるとたくさんのお呼ばれがあります。結婚式やパーティーなどのお呼ばれの際には、皆おめかしをします。特に衣装については男性も女性も大切で、気を使わなければなりません。男性であれば、スーツが基本になります。女性はパーティー用のドレスが基本になります。式によっては和服などもあります。ですが、若いときにはドレスを着ることが多いですし、可愛く、着たいとも感じます。衣装だけでなく、それ以外にもきちんとした身だしなみでなければなりません。後は、気を使うといえば、髪型です。髪型は普段のおろした髪の毛だけではなかなか地味で目立ちません。なので、パーティーなどのときは、ヘアアイロンなどで巻き髪を演出しまっしょう。美容院などでもセットをしてくれるので少しお金を出しても良いと感じるのであれば、美容院に行き、セットしてもらいましょう。主催者にとってはおめでたいものとなりますので、それなりの恰好でお祝いできるようにしましょう。また、お祝いごとでなかった場合はその時の状況や、内容を把握してその場にあった常識ある恰好で行くようにしましょう。パーティーなどの身だしなみは日頃から雑誌などでチェックすることをおすすめします。

Blog Home